東京でレンタルオフィスを上手に選ぶ方法

清潔感のあるオフィス

自分らしい働き方を選ぶ方が増えており、それに合わせてオフィスのスタイルも変化しています。個人で事業を始める方やフリーで活動する方に適した事務所のスタイルとして登場しているのが、レンタルオフィスです。費用面で借りるハードルが低い点が大きな魅力で、資金が不足しがちな起業家やフリーランスの方々には大変人気があります。ビジネスが盛んな東京では、各エリアでレンタルオフィスが選べる環境にあります。
レンタルオフィスの環境は、個々の会社でかなり差がありますが、いずれもセンスが良い空間が準備されています。しかし東京でレンタルオフィスを選ぶ場合、たくさんあることで迷って選べないことがあるかもしれません。東京で上手に選ぶためには、まずは場所から決めるとスムーズです。ビジネス面で都合がよい場所やアクセスがよい駅で決める、あるいは東京の憧れの街で選ぶという方法もあります。
場所を決めたら、次はそのエリアにあるレンタルオフィスについて、室内環境をじっくり比較してみてください。共有空間で働くと言っても、プライベートを重視したプランを選べたり、料金の安さ重視で選べたりします。自分の働きやすい環境で準備することと、予算に無理がないことにポイントをおいて上手に探していきましょう。

レンタルオフィスなら東京都内の一等地に本社を置ける

東京都内で起業する際、一等地に本社を構えることはステータスになります。名刺交換の際、誰もが知る地域やビルの住所が記載されていることは、相手にインパクトを与えます。また、一等地の住所はインパクトを与えるだけでなく、信用を得た上で賃貸契約を行っているなど、第三者からの信頼を得ているということにも繋がります。レンタルオフィスなら東京都内の一等地に本社を構えることが可能になります。
レンタルオフィスのメリットは、敷金礼金が不要、月額料金で有名なビルに入居できるという点にあります。さらに賃貸オフィスとは異なり、契約後の内装工事が不要、OA機器の購入や保守契約が不要など、初期費用や維持費用も抑えられます。レンタルオフィスを利用することで、賃貸オフィスよりも安くなる上、利用する面積に応じての費用発生にもなります。そのため、本社機能だけを東京都内の一等地とし、事業拠点は郊外の賃料の安い物件を活用するなどの分散利用も可能です。また、レンタルオフィスは1人で経営する会社でも利用することができ、起業間もない会社でも問題がありません。また、一等地という点は交通アクセスが良いこと、他の会社との打ち合わせの際にも立地条件の良いレンタルオフィスの会議室を利用することもできます。レンタルオフィスで東京都内の一等地でさまざまなメリットを受けてみましょう。

レンタルオフィスを利用して東京都内に支社や営業所を開設可能

東京以外に本社を構える地方企業など、東京都内に支社や営業所を開設する際に賃貸オフィス探しや内装工事、各種初期投資などの問題が発生します。また、時間経過によりオフィスが手狭になり、移転するということも少なくはありません。さらに短期間で支社や営業所を開設する必要がある際には、賃貸オフィスでは日数を要してしまいます。そこでレンタルオフィスを活用するのがおすすめです。
レンタルオフィスを利用すれば、東京都内に数日で支社や営業所を開設することが可能です。レンタルオフィスは、既にオフィス機能や整っており、内装工事も不要、インターネット回線工事不要など、パソコンを持ち込めれば直ぐに事業活動を開始することができます。レンタルオフィスは、目的に合わせて面積を選択することができ、賃貸オフィスでは手狭になった際には移転することが、オフィススペースの追加契約で済ませることができます。例え、拡張できない場合でもレンタルオフィスは移転も容易であり、新しいオフィスに荷物を搬入するだけで済みます。内装工事が不要という点は、入居時だけでなく退去の際に生じる原状復帰工事も生じないため、移転となった際でも荷物の搬出運搬費用と、レンタルオフィスの賃料といった最小限の費用で済みます。東京都内に短期間かつ低予算で事業活動拠点を確保するなら、レンタルオフィスを検討しましょう。

オフィスの通路

レンタルオフィスなら東京都内でも会議室や商談スペースも確保可能

東京都内に本社や支社などを置く際、賃貸オフィスではスペースが限られ、執務スペースを確保した結果、応接室や会議室そして商談スペースを犠牲にするということは少なくはありません。また、社員数が多いのに…